板橋の原状回復ならお任せ下さい。

株式会社ビルドアップホーム
  • クロス工事のご相談
  • 内装工事のご相談

板橋の原状回復【ポイントとFAQ】

よくあるご質問と回答
住宅・店舗のリフォームをお考えの方は、迷わずビルドアップホームをお選びくださいますよう、よろしくお願いいたします。
これまでも多くの施工実績をもち、個人様から法人様まで、一戸建て、マンション、飲食店、大型オフィスなど様々な現場でお客様のニーズに応えてまいりました。
今人気のスケルトン工事や各種リノベーションも得意としています。
当社は板橋に事務所を構えていますが、東京都内はもちろん、神奈川、埼玉など広範囲に渡って施工を行っています。施工実績が多いことから、他社ではできないようなバラエティーに富んだ提案ができる他にも、当社にはどこにも負けない強みがあります。

原状回復 板橋

高額になりがちなリフォーム工事では、どうしても費用面が大きなネックとなりますが、お客様の予算に合わせて材料や施工方法の提案ができますし、予算の相談にもしっかり乗らせていただきます。接客を含むサービスの質にはこだわりをもっていて、常にお客様に不快を与えないよう、マナー指導は社内で徹底して行っております。リフォームに伴う荷物の移動や、不用品の処分などにも対応しておりますので、その他にもお困りごとがございましたら、何なりとお気軽にご相談くださいませ。皆様からのご連絡を社員一同心よりお待ちしております。
space

01原状回復工事とは

原状回復工事というのは、一般的にテナントなどを借りて契約を終えるときに、現在の状態から入居したときの状態に戻すことを指します。
お店などを借りる場合は、そのまま使用するのではなく、店内を装飾したり間仕切りを付けたりする工事を行いますが、ほとんどの場合は借りるときに取り交わす契約書の中に、取り付けた間仕切りや装飾はすべて取り除いて貸主に返すことが記載されています。
そうでなければ原状回復にかかる費用を貸主側が持つことになり、使い方によっては大きな損害を被ってしまうからです。したがって、テナントを借りてリフォーム工事などを行う借主は、事前に賃貸契約の内容をきちんと確認しておく必要があります。
オフィスや店舗以外にも、マンションなどでも現状回復工事が必要になる場合があります。この場合は、マンションなどの住居の場合は契約期間終了後に原状回復工事を行いますが、オフィスなどのテナントでは契約終了までに現状回復を済ませておかなくてはいけません。
もしそれを怠った場合は、原状回復工事が完了するまで追加の賃料を借主が負担しなくてはいけなくなることもあるので、十分な注意が必要となります。

02初めて原状回復工事を業者に依頼するときに知っておくべきこと

マンションやアパートや一軒家などの住居とは違って、店舗を借りた場合は退去時に原状回復工事を借主が行わなくてはいけません。
借家の場合は借りたままの状態ですむ場合がほとんどで、借りている住まいを勝手にリフォームする人はないと思います。もちろん、勝手にそのような工事をした場合には、たとえ借家だとしても原状回復工事が必要になります。
住居ではなくお店の場合は、借りたままの状態で使用するケースはほとんどありません。飲食店でもブティックでも美容院でも、オーナーが店内を改装して利用するのが当たり前です。
退去時に営業していたままの状態で戻されても貸主が困ってしまうので、店舗やオフィスの場合は原状回復工事が義務づけられています。
そして、原状回復工事に関して貸主と借主の間でトラブルになるケースも多いので、そうならないために事前に知っておくべきことがあります。
それは原状回復工事の範囲についてです。基本的には退去時に借りた状態にして戻さなければいけませんが、回復の義務に経験変化や通常消耗については含まれていません。あくまでも借主が意図的もしくは不注意で損傷させたもの以外が、回復させる範囲となっています。

初めて原状回復工事を業者に依頼するときに知っておくべきこと

FAQ一覧

PageTop

  • クロス工事専用ご相談フォーム
  • リフォーム工事全般ご相談フォーム