板橋の原状回復ならお任せ下さい。

株式会社ビルドアップホーム
  • クロス工事のご相談
  • 内装工事のご相談

板橋の原状回復【ポイントとFAQ】

よくあるご質問と回答
住宅・店舗のリフォームをお考えの方は、迷わずビルドアップホームをお選びくださいますよう、よろしくお願いいたします。
これまでも多くの施工実績をもち、個人様から法人様まで、一戸建て、マンション、飲食店、大型オフィスなど様々な現場でお客様のニーズに応えてまいりました。
今人気のスケルトン工事や各種リノベーションも得意としています。
当社は板橋に事務所を構えていますが、東京都内はもちろん、神奈川、埼玉など広範囲に渡って施工を行っています。施工実績が多いことから、他社ではできないようなバラエティーに富んだ提案ができる他にも、当社にはどこにも負けない強みがあります。

原状回復 板橋

高額になりがちなリフォーム工事では、どうしても費用面が大きなネックとなりますが、お客様の予算に合わせて材料や施工方法の提案ができますし、予算の相談にもしっかり乗らせていただきます。接客を含むサービスの質にはこだわりをもっていて、常にお客様に不快を与えないよう、マナー指導は社内で徹底して行っております。リフォームに伴う荷物の移動や、不用品の処分などにも対応しておりますので、その他にもお困りごとがございましたら、何なりとお気軽にご相談くださいませ。皆様からのご連絡を社員一同心よりお待ちしております。
space

01原状回復工事とは

原状回復工事というのは、一般的にテナントなどを借りて契約を終えるときに、現在の状態から入居したときの状態に戻すことを指します。
お店などを借りる場合は、そのまま使用するのではなく、店内を装飾したり間仕切りを付けたりする工事を行いますが、ほとんどの場合は借りるときに取り交わす契約書の中に、取り付けた間仕切りや装飾はすべて取り除いて貸主に返すことが記載されています。
そうでなければ原状回復にかかる費用を貸主側が持つことになり、使い方によっては大きな損害を被ってしまうからです。したがって、テナントを借りてリフォーム工事などを行う借主は、事前に賃貸契約の内容をきちんと確認しておく必要があります。
オフィスや店舗以外にも、マンションなどでも現状回復工事が必要になる場合があります。この場合は、マンションなどの住居の場合は契約期間終了後に原状回復工事を行いますが、オフィスなどのテナントでは契約終了までに現状回復を済ませておかなくてはいけません。
もしそれを怠った場合は、原状回復工事が完了するまで追加の賃料を借主が負担しなくてはいけなくなることもあるので、十分な注意が必要となります。

02初めて原状回復工事を業者に依頼するときに知っておくべきこと

マンションやアパートや一軒家などの住居とは違って、店舗を借りた場合は退去時に原状回復工事を借主が行わなくてはいけません。
借家の場合は借りたままの状態ですむ場合がほとんどで、借りている住まいを勝手にリフォームする人はないと思います。もちろん、勝手にそのような工事をした場合には、たとえ借家だとしても原状回復工事が必要になります。
住居ではなくお店の場合は、借りたままの状態で使用するケースはほとんどありません。飲食店でもブティックでも美容院でも、オーナーが店内を改装して利用するのが当たり前です。
退去時に営業していたままの状態で戻されても貸主が困ってしまうので、店舗やオフィスの場合は原状回復工事が義務づけられています。
そして、原状回復工事に関して貸主と借主の間でトラブルになるケースも多いので、そうならないために事前に知っておくべきことがあります。
それは原状回復工事の範囲についてです。基本的には退去時に借りた状態にして戻さなければいけませんが、回復の義務に経験変化や通常消耗については含まれていません。あくまでも借主が意図的もしくは不注意で損傷させたもの以外が、回復させる範囲となっています。

初めて原状回復工事を業者に依頼するときに知っておくべきこと

03原状回復工事に関することで良くある3つのお悩み

1.原状回復工事はどこに依頼すべき?
原状回復工事は、契約書に「原状回復工事はオーナーや管理会社が指定する業者に依頼しなければならない」などの記載があった場合、それに従わなくてはいけません。
ただし、あまりにも工事費用が高い場合で、オーナーに納得してもらえれば、自分たちで見つけた施工業者を利用できるケースもあるので、オーナー側へ確認してみることをおすすめします。

2.原状回復工事費で敷金や保証金がなくなる?
店舗やオフィスなどを退去する場合は、原状回復工事が必要になりますが、工事はオーナー側が行うことが定められていた場合は、戻ってくるはずの敷金や保証金が原状回復工事代と相殺されてしまうこともあります。
そのようなことを避けるために、事前にオーナー側に原状回復工事代の相場を提示して、工事を自分たちで行うことを交渉するという方法もあります。

3.原状回復工事のタイミングは?
原状回復工事は退去後に行うのが当然と思っていたのに、契約期間中に行うことが契約書内に定められていたというケースも少なくないようです。
オーナー側に勘違いしていたことを伝えて、待ってもらえる場合もありますが、そうならずに余計な費用がかかってしまうこともあります。
その場合は自分たちのミスになるので、あらかじめ原状回復工事のタイミングを確認しておかなくてはいけません。

04原状回復工事の種類を紹介

原状回復工事の種類を紹介

現状工事とはオフィスを退去するときなどに必要になる工事で、「A工事」「B工事」「C工事」の3つの種類に分かれていて、それぞれ工事内容が異なります。
A工事というのは、建物自体の工事のことで、具体的には、ビルの躯体工事、共有施設や通路の工事、ガスや給排水メーターの工事などです。
建物はオーナーの資産ということで、業者選びも工事の発注も支払いも全てオーナー持ちとなります。したがって、A工事は借主とはほぼ関係のない工事です。
B工事というのは、借主の希望により入居時から変更したり増設や移設したりした場合に発生する工事で、具体的には、壁や天井や照明器具や空調節簿などです。
借主の希望により工事は進みますが、ほとんどの場合は施工業者をオーナーが指定します。その理由は建物の安全や構造に関わる工事だからです。そのため、工事費用が高くなってしまう可能性が高く、納得できない場合は他社から見積りをとってオーナーと相談することをおすすめします。
C工事というのは、借主の意向によって行う工事で、具体的には、内装リニューアル、配線工事、床材やクロスの撤去工事などです。B工事とは違い、依頼業者も借主が自由に決められます。

05東京都・神奈川県・埼玉県など広域で原状回復工事を提供

板橋区を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県など広域にわたって店舗やマンションなどの原状回復工事や各種リフォーム工事に対応しています。
板橋区は、東京都23区の北部に位置する街で、2021年7月時点で約58万2千人の人口を擁しています。
23区では豊島区、北区、練馬区に接していて、北側には埼玉県の和光市や戸田市があり、埼玉県と隣り合わせとなっています。
埼玉に近いこともあって、物価が高い東京23区の中では暮らしやすいと評判で、家賃相場も東京としてはかなり低めに設定されています。そのため若い学生も板橋区に多く住んでいます。
家賃が安いと交通の便が気になりますが、板橋区は東京の主要都市である池袋に電車で約15分で行くことはでき、都営地下鉄三田線を利用すれば、その他の主要都市へも行きやすいです。特にオフィス街として知られる千代田区方面へのアクセスは非常に良好となっています。
板橋区には有名な商店街もあって、東京23区ということで商業施設も充実しています。スーパーマーケットも多く、日用品の買い物に困ることはありません。
東京23区でも自然が多い街でもあり、農業に携わる方も多く、区内では大根やジャガイモ畑などを見かけます。

06原状回復工事を業者に依頼したときにかかる費用は?

店舗から退去する際には原状回復工事が必要になりますが、マンションやアパートの部屋でも原状回復が必要になるケースもあります。
簡単な工事とハウスクリーニング程度ならオーナー自らが行うケースもありますが、床の張替えなど大掛かりな工事が必要な場合には素人では手に負えなくなり専門業者に工事を依頼しなくてはいけません。
気になる賃貸物件の原状回復工事にかかる費用は、間取りや工事の内容と依頼する業者によって変わってきます。

原状回復工事を業者に依頼したときにかかる費用は?

修繕箇所が極端に少ない場合は2万円程度で収まることもあれば、全体的に工事が必要になると100万円以上かかる場合もありますが、一般的には60万程度には収まるケースが多いようです。
具体的には、壁や天井に部分的に穴を開けたり傷を付けたりした場合は、2〜5万円程度が修理費の目安となっています。
壁や天井のクロスを貼替する場合は、1uあたり1,000〜1,500円が相場となっています。
フローリングの傷などを補修する場合は2〜4万円程度ですが、状態が酷くて交換が必要になると、1uあたり12,000円程度はみておかなくてはいけません。床の修繕は原状回復で良くある工事となっています。

07原状回復工事に関することで知っておいた方が良い3つのポイント

01入居前に現状を確認しておこう

店舗やオフィスに入居する際には、返却時に元の状態に戻す原状回復工事が必要になるケースがほとんどです。
原状回復工事には費用が掛かかり、トラブルになることも少なくないようです。トラブルを避けるためにも、入居前には入居者側も現状をしっかり確認しておき、ダメージや気になる箇所があった場合は写真などに残しておくことをおすすめします。

02契約内容を事前に確認しておこう

原状回復工事に関するトラブルが起きる一因には、入居前や退去前に契約内容をきちんと確認していないことがあります。
原状回復工事は借主と貸主のどちらが行う、工事を行う業者に指定がある、どこまでを原状回復するかなど、契約内容は物件によって異なるので、その点をしっかり確認して行動すれば、トラブルになる可能性は低くなると思います。

03丁寧な使用を意識して実行する

そもそも普段から丁寧な使用を意識していれば、原状回復工事に関するトラブルも起きにくくなります。
また、入居時にどの程度の工事を行うかによっても後々トラブルになる確率が変わってきますし、オーナー側への説明をしっかり行っておくことでも、トラブルになる可能性は低くなります。
入居時に大掛かりな工事をしないでキレイに使用していれば、大掛かりな原状回復工事をする必要もありません。

08原状回復工事を依頼する業者の選び方のポイントとは

原状回復工事をできるだけ安く済ませないなら、自社施工の会社かどうかを確認することが業者選びの一番のポイントです。
管理会社や不動産会社に原状回復工事を任せると、かなり高額な費用を請求されてしまうことがあります。その理由は、お金を払うのは自分たちではないため、無理な値引きをする必要がなく、管理会社などは下請けや孫請けなどの業者を平気で使って工事を行っているからです。
どんなに自分で工事をしたいと願い出ても、その希望を受け入れてくれない場合もありますが、自分で工事をしても良いというのであれば、管理会社などは任せないで完全自社施工の業者を探して依頼することがポイントになります。
このときには、必ず全ての工事を自社で行っているかを確認することがポイントです。完全自社施工と謳っていても、クリーニングは外部に委託しているなど、一部の工事を自社で行っていないこともあるのです。
この場合は、その点をついて値段交渉することもおすすめです。あとは、退去日までしっかり工事を終わらせてくれて、対応がスムーズで気持ちよく取引できることを事前にしっかり確認しましょう。

09工事を行うメリットに関することでよくある相談とは

工事を行うメリットに関することでよくある相談とは

原状回復工事をするメリットに関する質問や、工事をする必要性に関する相談などを良く頂戴しますが、工事をすることで得られるメリットはかなり大きいです。
原状回復とは次の入居者のために、物件を入居前の状態に戻す工事を指しますが、もしも工事を行わなければ入居意欲を沸かせることができないというデメリットが生じます。
入居希望者が入居を決意するのは、内覧時の室内の状態なので、原状回復工事をすることで入居率の増加につなげることができます。
原状回復するためには、状態によってはかなりの費用がかかりますが、それを怠って入居者が見つからないことにもなりかねません。
入居率の増加を見込めるだけではなく、原状回復工事を行うことで、物件の資産価値の低下を防止できるメリットも生まれます。
なぜなら、工事を行う前には居室全体を詳細に点検してから着工するからです。入居者が変わるごとに工事を行えば、定期的なメンテナンスもできることになります。
何よりも、次の入居者が早く決まれば空白期間がなくなり、ランニングコストも抑えることができます。長く空室や空き物件になることは、オーナーにとっては悪いことしかありません。

10よくある3つの質問とは

質問 原状回復工事をする際の注意点とは?
回答 オフィスなどの賃貸物件を出るときには、原状回復工事が必要になりますが、勝手に自分で業者を呼んで工事をしてもらうとトラブルになる場合もあるので、工事を行う前には必ず契約書を確認しましょう。
よく分からない場合は、物件のオーナーや管理会社に確認をとって、自分で工事をして良いか確認してください。原状回復工事は指定の業者に任せなければいけないケースも多いです。
質問 期限まで工事が完了しないとどうなるの?
回答 原状回復工事を決められた期限まで終えられない場合は、昨悪貸主から来月分の家賃を請求される以外にも、損賠賠償を請求されてしまうこともあります。
そのようなことを避けるためには、退去する前に余裕を持って工事のスケジュールを立てておけば良く、絶対に退去日ギリギリで行動しないでください。
質問 指定業者の工事費が高い場合はどうすれば良い?
回答 原状回復工事は、指定業者に依頼しなければいけないケースも多いですが、その際に相場よりも工事費がかなり高額な場合もあります。
費用をできるだけ抑えたい場合は、そのことをオーナーや管理会社などに伝えて、詳細な見積りの提出を求めることをおすすめします。
ただし、それをしたからといって費用を安くできたり、他の業者に依頼できたりするわけではありません。

11工事業者を選ぶ際の注意点

POINT オフィスや店舗や住居などを元通りにする原状回復工事には、特殊な知識や技術も必要になるため、経験豊富な業者を探して依頼することがポイントになります。
どうしても工事をしてもらう際には、安い見積書を提示してくれる業者を選びがちになってしまいますが、値段の安さだけで依頼先を選択するのは危険です。
最近では原状回復工事の請負業者も増えていて、魅力的なサービスをいろいろ揃えて集客しているところも多いですが、どんなにサービスが充実していても、技術が伴わなければ工事がやり直しになるなどのトラブルが起きる可能性を高めてしまいます。
工事の技術力が高いことはもちろんですが、作業中の騒音などの配慮もしっかり行われるかどうかも事前に確認しましょう。
また、原状回復工事にも賃貸マンション、飲食店、オフィスビルなどのさまざまな分野があるので、業者の得意分野を確認することも大事になります。普段は住居の原状回復しかしていないような業者に、飲食店の工事を任せると、間違いが起きる確率は必然的に高くなります。
そうばれれば追加で余計な修繕費用がかかることもあるので、業者選びには十分な注意が必要なのです。

12原状回復の原則について

原状回復というのは、よく賃貸物件契約の終了後に、物件の借手が当初の状態に回復させて物件の所有者に明け渡すことと説明されていますが、その説明は正確ではありません。
実際には、完全に借りた前の状態に戻すのではなく、壁紙や畳やカーペットなどの経年劣化する者に関しては、借手が負担しなくても良いことになっています。
ただし、借手が故意に床などに付けた傷や、タバコを吸うなどして過度に壁を汚してしまった場合などは、その分の原状回復することを求められることもあります。また、物件によって退去後のクリーニング費用負担を誰がするかは異なります。
原状回復の原則についてだけを認識していても、個別の物件によってルールが異なるのはよくあることなので、その点にも注意して物件選びを行い、退去時にはトラブルのないようにしてください。
物件ごとの独自のルールは、一方だけが確認するのではなく、借主と貸主が共に認識しておく必要があります。そうることで、トラブルを未然に防ぐことができます。
間に不動産業者が入らない場合に、原状回復に関するトラブルは起きやすい傾向にあるので、その点も覚えていくと良いと思います。

FAQ一覧

PageTop

  • クロス工事専用ご相談フォーム
  • リフォーム工事全般ご相談フォーム